当院からのお知らせ

Blog記事一覧 > > 練馬区より坐骨神経痛で辛い痛みしびれで歩けなかった方が歩けるようになった治療法!!

ぎっくり腰になる前、ぎっくり腰を繰り返している、慢性腰痛のあなたへ東京都練馬区の鍼灸師が解説

2018.10.10 | Category:

ぎっくり腰になる前、ぎっくり腰を繰り返している、慢性腰痛になっているあなたへ

治す方法を東京都練馬区から整骨院、整体院からお伝えします。

 

こんにちは。

アキュールはりきゅう整骨院は本日は休診しておりますが、明日からまた元気に診療いたします!(^^)!

 

 

 

ぎっくり腰になりそうな時には、何をしたらいいのか?

アイシングをする

安静にしてください。ではなく歩いてください。

ぎっくり腰になりそうな時にはやってはいけないこと

1、重たい物を持たない

2、お風呂には入らない

3 、食器洗いをしない

4、マッサージじゃしない

ぎっくり腰のなりかけのときの湿布活用法

冷湿布を選択するべき

肌が強い場合は薬剤が入ってる湿布を貼ってもOK

ぎっくり腰、慢性腰痛を回復させる股関節を滑らかにする

まとめ

 

 

ぎっくり腰の経験がある人は、「動けなくなり、立てない、仕事を休んだ、もうぎっくり腰になりたくない!」と考えます。しかし、また腰が痛くなってきてどうしようと不安になってしまいます。

ギックリ腰になると、仕事を休まなければならなくなってしまったり、家事ができなくなってしまったりします。周りの人に迷惑をかけるのが嫌なため、ギックリ腰になる前になんとかしたいものです。

しかし、ぎっくり腰を起こす前に対策をとりたい。でも何からすれば良いのかわからない。

そうしたとき、ぎっくり腰の前兆を感じたにどうすれば、ぎっくり腰までならずに痛みをなくしていけるのか。何をすればいいのかを東京都練馬区から整骨院、整体院よりお伝えしていきます。

 

 

ぎっくり腰のなりそうになってしまったら、何をしたらいいのか?

 

まず最初は、何をするか?

 

アイシングをする

 

まず、することはアイシングです。なぜアイシングをした方が良いのかといいますと、炎症を取る。

と同時に、人は炎症が起こると膨張します。その為、筋肉の膨張を取り去っていきたいからです。

膨張を無くすことで、ぎっくり腰になる可能性がほぼなくなります。

ぎっくり腰のなりかけという状態では、普段気がついてない、自然に負担のかかる動作により、その間に筋肉を使いすぎて筋肉が膨張し、筋肉を保護する膜が部分断裂を起こしそうになっています。

※筋肉は使いすぎると筋肉中にある血液の量が増えます。血液の量が増えると血管が広がり筋肉が膨張をします。

 

筋膜を破かないようにするには、筋肉の膨張を無くさなければいけません。そのためにアイシングをします。

アイシングをすることで、炎症を抑え、筋肉の熱を吸収し膨張することをなくしていく作用があるからです。

このまま仕事や家事など身体を無理に動かし続けて筋肉を酷使してしまうと、筋肉が膨張してプツッと切れてしまいます。すぐにでもアイシングをしていくようにしましょう。

 

アイシングの詳しい方法は下記の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイスバッグで患部を冷やします。(お近くの薬局にも置いています)

 

冷やし方は。

 

患部に直接アイスバッグを当ててください。腰に直接、さらしなどでまいてください。

こうすることでずれにくく患部をしっかり冷やせるようになります。自分で巻くのが難しければ、家族の人に手伝ってもらい巻くようにしましょう。

 

最後に、巻いた後は。

横向きになって寝てください。時間は1回15分できれば、

1時間に1回ワンクールを続けてください。

 

安静にしてください。ではなく歩いてください

 

基本的にまだぎっくり腰にはなってないので安静にする必要はありません。

安静とは、横になっていたり、長時間イスに座っていたりすることです。

安静にしてしまうと、骨盤周りの筋肉や関節が固まってしまい、繰り返しぎっくり腰起こしやすくなってしまったり、痛みが継続的に残りやすくなってしまいます。

ぎっくり腰になりやすい下記の右図のような骨盤後傾の形になってしまいます。

 

 

骨盤が後傾してしまうと背中側の筋肉(背中、腰)が伸ばされてしまい、常に筋肉に対して負担をかけている

状態になっている為、ぎっくり腰になりやすいです。

そこで、ぎっくり腰になることを防ぐには骨盤を後傾から正常に戻すようにするために骨盤周り筋肉や関節の硬さをなくすために歩くようにしてください。

歩く時は、ゆっくりでも良いので、20分でも、もしくは10分でも構いませんので、歩くようにしてみてください。靴はサンダル、スリッパでは擦って歩いてしまうので、スニーカーやシューズを履くようにしてください。

 

朝、昼、晩と3回ほど歩く時間を作ってもらえるとベストです。歩いた後は、アイシングを15分して

ください。クールダウン(歩いたときの患部の熱をとる)をすることで、ぎっくり腰になることを防ぐことができます。

 

注意:歩くときは以下の3つのことに気をつけてください。

 

1つ目、何も手に持たないで歩いてください。荷物を手に持つとバランスが崩れてしまいます。

腕をふって歩くことによって、自然と骨盤の位置をぎっくり腰になりやすい後傾から中間位に持ってこられるようになります。そこで、何も持たないで歩くようにしてください。

2つ目、なるべく柔らかい土の道や、芝生の道を選んで歩きます。

コンクリートを歩くと地面からの衝撃が強いので痛めている患部に響いてしまったりします。

一方、土や、芝生の上を歩くと地面に歩いたときの衝撃が吸収されて衝撃がほとんどこなくなります。痛みを感じることなく楽に歩けるのです。

3つ目、歩き過ぎないようにします。早く治したいから頑張って歩こうとする人がいますが、やり過ぎてしまうと逆効果になってしまいます。

 

ぎっくり腰の予兆が出たときにやってはいけないこと

次にぎっくり腰の予兆があるときや、なりそうだと思ったときに「やめて欲しい行動」について解説していきます。

 

1、 重たい物を持たない

 

重たい手荷物は持たないで下さい。重たい荷物を持つことで背中から腰にかけての筋肉を疲労させてしますからです。

かがんだり、背中が丸くなってしまう動作は出来るだけ避ける。

・リュックサックもやめる。

リックを背負うと重心が後ろに移動します。それを前に戻そうと背中の筋肉を使うようになります。ずっと筋肉を緊張状態を維持しながら歩くようになるので、背中の筋肉が疲労してしまい弾力がなくなります。

弾力がなくなると、地面からの歩く衝撃を和らいでくれていた力が弱まり、腰に負担が出てきてしまうのです。ですのでリュックを背負うことによってギックリ腰になってしまう恐れがあるので腰が痛い状態のうちはオススメしません。

 

2、お風呂には入らない

 

ギックリ腰の前兆があるときや、なりかけているときはお風呂につかって温めることはをやめてください。

よく腰が痛くなってきたから、お風呂に長く浸かる。とよく聞きます。

温めることによって血液が全身に回ってしまい、炎症部分をさらに悪化させ、痛みがでたり筋肉が膨張したりしてしまうからです。

痛みが増幅すると動けなくなり、ぎっくり腰になってしまうのです。

ですので、お風呂に入って温まることはやめてください。

シャワー程度にしてください。

痛みを感じているときは、極力温めないようにしてください。どうしても汗をかいて体が気持ち悪いという人は、シャワーでサッと汗を流してください。

 

3、 食器洗いをしない

台所で洗い物をする時、同じ姿勢で立ちっぱなしになります。あなたも何度かお皿を洗っているとき腰が痛い経験があると思います。これが、腰が固まって痛くなっている状態です。

ぎっくり腰になりかけていないときは、そのまま動いても何の問題もないのですが、ぎっくり腰になりかけてるときに無理やり動かしてしまうと、ゴムを無理やり引っ張ってしまうように、筋肉も無理やり引っ張られます。これではブチっと筋膜を破ってしまい、ぎっくり腰になってしまいます。

できることなら、家族の人に食器を洗ってもらうようにしてください。

 

4、洗濯物はしない

洗濯物もできることならやらず、家族に手伝ってもらえるようにしてください。

洗濯機からベランダまでカゴを持って運ぶのが重いからです。重たいものを持った瞬間、それだけでギクッとなってしまう可能性があります。

洗濯物を持つだけではなく、ベランダでカゴから洗濯物をとるのに一回一回かがんでとります。

この動作も繰り返し動かしていると腰に負担がかかってきます。

さらに干すときに身長が低くするときなど、背伸びをして干さなければなりません。背伸びが腰に負担がかかってしまい危ないのでなるべく洗濯物はやめて、家族の協力を得るようにしてください。

 

5、マッサージはしない

 

ぎっくり腰の前兆で、マッサージをしたらよいのか。

基本的にマッサージなどの筋肉に外部刺激を与えることは禁止です。

理由は、切れかかっている筋膜を外部から押すことで切ってしまうからです。切ってしまうことでぎっくり腰になってしまいます。ですので、マッサージなどの治療法はやめておいてください。

ただ患部以外のところやマッサージ以外のことをするととても歩きやすくなります。

※ぎっくり腰の時の対応、対策は当院にて、治療、ご指導いたします。

 

ぎっくり腰のなりそうな時の湿布活用法

 

次に、ぎっくり腰になりかけたときの症状を抑えて改善していく湿布活用方法についてお伝えいたします。

冷湿布を選択するべき

「冷湿布」を選択してください。

 

冷湿布を使用する理由は、冷やして炎症を抑えるようにすると痛みは消えていき症状が緩和されていくからです。「痛い」と思ったときには迷わず冷湿布を選択するようにしてください。

湿布を貼る場所は、患部に直接貼ってください。このとき自分で貼ると体を捻ってしまったりしうことがあるため、家族の人に協力してもらって貼ってもらうことをお勧めします。

 

 

肌が強い人の場合は薬剤が入ってる湿布を貼ってもOK

冷湿布でもなく、温湿布でもない、薬剤(ロキソニンやボルタレン)入っている湿布があります。

 

貼るタイミングは冷湿布を貼るときと同じです。しかし、この湿布類は、肌への刺激が非常に強いので肌が弱い人にはオススメしません。

注意:肌が強い人でも貼りつずけると被れたりします。かゆみを感じたらすぐにはがすようにして下さい。

 

ぎっくり腰、慢性腰痛を回復させる股関節を滑らかにする

 

最後にぎっくり腰になりそうな時に股関節を滑らかにする体操をお伝えします。

ぎっくり腰になりかけてるので筋トレやランニング、筋肉を伸ばしてしまうような激しい運動は必要ありません。骨盤後傾を中間位に戻すようにする「股関節の運動」で十分です。

股関節の動きが悪くなることによって骨盤が後傾して固まってしまうので、股関節を柔らかくしておきましょう。

やり方は下記の動画のように。

 

 

足を2足分肩幅ぐらいに広げて足のつま先を内に向けます。

そこから、お尻を後ろに落とすようにスクワットをやります。

手は胸の前に置きましょう。

まずは、10回を朝、晩を10回×1セットずつ出来ると良いです。

 

注意:腰が反り過ぎたり、逆に丸くなりすぎてしますと、腰に負担がかかってしまい逆効果になってしまうので注意してください。

それと、膝が前に出すぎてしまうと膝を痛めてしまう為、注意してください。

※わからない場合は、まず歩くことをお勧めします。

体操やストレッチに関しては当院にてご指導いたします。

 

まとめ

 

ギックリ腰になりそうなときは、やめることを増やして、痛みがでないように、できる動作だけをやることをおすすめします。特に日常生活は見た目以上に体に負担がかかります。少しでも腰などに異変を感じたらとすぐに変わってもらうようにしましょう。

すぐにアイシングをしていく癖をつけていけば、ぎっくり腰までにならずに回復することができます。日々運動(歩くこと)をして骨盤の角度を中間位に保てるようにしておくようにしてください。

東京都練馬区の整骨院、整体院では骨盤の角度を常にチェックして患者さんの身体がぎっくり腰にならないようにしています。

さらに、歩く以外の運動指導(自宅でできる骨盤体操)を指導したり、独自の骨盤矯正で骨盤の角度を中間位に保てるようにサポートをしています。

アクセス情報

院名

アキュールはりきゅう整骨院

所在地

〒179-0074
東京都練馬区春日町3-34-7-101

電話番号

03-3998-3005

駐車場

院前のコインパーキングをご利用ください。

休診日

火曜日・祝日